差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
ftpサーバの構築-vsftpd [2017/07/06 14:47]
waka
ftpサーバの構築-vsftpd [2017/07/06 18:47] (現在)
waka
ライン 8: ライン 8:
  
 ===== Vsftpd をインストール ===== ===== Vsftpd をインストール =====
 +<​code>​
 # yum install vsftpd # yum install vsftpd
 # vi /​etc/​vsftpd/​vsftpd.conf # vi /​etc/​vsftpd/​vsftpd.conf
 +</​code>​
  
-<code | 最低限の設定>​+<file /​etc/​vsftpd/​vsftpd.conf ​最低限の設定>​
 #-- 匿名ログイン禁止 #-- 匿名ログイン禁止
 anonymous_enable=NO anonymous_enable=NO
ライン 27: ライン 29:
 pasv_min_port=21000 pasv_min_port=21000
 pasv_max_port=21010 pasv_max_port=21010
-</code>+</file>
  
 +<​code>​
 # service vsftpd restart # service vsftpd restart
 # chkconfig vsftpd on # chkconfig vsftpd on
 +</​code>​
  
-<code>+<file /​etc/​vsftpd/​vsftpd.conf 追加の設定>
 #-- コメント解除 ( ホームディレクトリより上層へのアクセスを許可するユーザーのリストの有効化 ) #-- コメント解除 ( ホームディレクトリより上層へのアクセスを許可するユーザーのリストの有効化 )
 chroot_list_enable=YES chroot_list_enable=YES
ライン 39: ライン 43:
 #-- 追記(ルートディレクトリ指定:指定しない場合はホームディレクトリがルートディレクトリとなる) #-- 追記(ルートディレクトリ指定:指定しない場合はホームディレクトリがルートディレクトリとなる)
 local_root=[ROOT_DIR] local_root=[ROOT_DIR]
-</code>+</file>
  
-# vi /​etc/​vsftpd/​chroot_list 
 <​code>​ <​code>​
 +# vi /​etc/​vsftpd/​chroot_list
 +</​code>​
 +<file /​etc/​vsftpd/​chroot_list>​
 #-- chroot を適用しないユーザーを追加 #-- chroot を適用しないユーザーを追加
 【USER】 【USER】
-</code>+</file>
  
 ===== iptables の設定 ===== ===== iptables の設定 =====
-# vi /​etc/​sysconfig/​iptables 
 <​code>​ <​code>​
 +# vi /​etc/​sysconfig/​iptables
 +</​code>​
 +<file /​etc/​sysconfig/​iptables>​
 #-- FTP 21番ポート、PASVポート #-- FTP 21番ポート、PASVポート
 -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 21 -j ACCEPT -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 21 -j ACCEPT
 -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 21000:21010 -j ACCEPT -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 21000:21010 -j ACCEPT
-</code+</file
 +<​code>​
 # service iptables restart # service iptables restart
 +</​code>​
  
 {{indexmenu_n>​102}} {{indexmenu_n>​102}}
 {{tag>​ftp}} {{tag>​ftp}}