Redmine2.5.3のインストール

Redmine 2.5をCentOS 6.5にインストールする手順 | Redmine.JP Blog :
http://blog.redmine.jp/articles/2_5/installation_centos/
CentOS6へのredmineインストール - Qiita :
http://qiita.com/mozo/items/6ec0151dad350c051399

Redmine Redmine 2.5.3.stable
OS CentOS 6.7
データベース MySQL 5.1.73
webサーバ Apache 2.2.15
(Railsの実行にはPassengerを使用)
Ruby 2.0.0

SELinuxの無効化

iptablesの設定

80番ポートの開放

epelリポジトリ追加

yum install epel-release

開発ツール(Cコンパイラ等)のインストール

yum groupinstall "Development Tools"

RubyとPassengerのビルドに必要なヘッダファイルなどのインストール

yum install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libyaml-devel

MySQLとヘッダファイルのインストール

yum install mysql-server mysql-devel

Apacheとヘッダファイルのインストール

yum install httpd httpd-devel

ImageMagickとヘッダファイル・日本語フォントのインストール

yum install ImageMagick ImageMagick-devel ipa-pgothic-fonts

ソースコードのダウンロード

※RubyのオフィシャルサイトのダウンロードページからRuby2.0のダウンロードURLを確認する
http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.0/

curl -O http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.0/ruby-2.0.0-p648.tar.gz

Rubyのビルド

tar zxvf ruby-2.0.0-p648.tar.gz

cd ruby-2.0.0-p648

./configure --disable-install-doc

make

make install

Redmine 2.5は2014年2月にリリースされたRuby 2.1には対応していません。
必ずRuby 2.0をインストールしてください。

–disable-install-doc を指定するとRubyのドキュメントのインストールを省略でき、作業時間を短縮できます。

Rubyインストールの確認

/usr/local/bin/ruby -v

ruby 2.0.0p648 (2015-12-16 revision 53162) [x86_64-linux]

bundlerのインストール

gemを最新版に更新

/usr/local/bin/gem update --system --no-rdoc --no-ri

/usr/local/bin/gem -v

2.6.11

bundlerインストール

/usr/local/bin/gem install bundler --no-rdoc --no-ri

デフォルトキャラクタセットをutf8に設定

[mysqld]
character-set-server=utf8
[mysql]
default-character-set=utf8

Redmine用データベースとユーザーの作成

mysql -uroot -p

mysql> create database db_redmine default character set utf8;
mysql> grant all on db_redmine.* to user_redmine@localhost identified by '********';
mysql> flush privileges;
mysql> exit;

Redmineのダウンロード

下記のページからRedmine 2.5のダウンロードURLを確認する。
http://www.redmine.org/releases/

curl -O http://www.redmine.org/releases/redmine-2.5.3.tar.gz

Redmineの展開と配置

tar xvf redmine-2.5.3.tar.gz

mv redmine-2.5.3 /home/***/redmine

データベースへの接続設定

Redmineからデータベースへ接続するための設定を記述したファイルを作成します。
以下の内容でRedmineのインストールディレクトリ以下に config/database.yml を作成してください。

cp config/database.yml.example config/database.yml

production:
  adapter: mysql2
  database: db_redmine
  host: localhost
  username: user_redmine
  password: ********
  encoding: utf8

設定ファイル config/configuration.yml の作成

cp config/configuration.yml.example config/configuration.yml

production:
  email_delivery:
  delivery_method: :smtp
  smtp_settings:
  address: "localhost"
  port: 25
  domain: '4-dev.net'

  rmagick_font_path: /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf

Gemパッケージのインストール

/usr/local/bin/bundle install --without development test --path vendor/bundle

/usr/local/bin/bundle exec rake generate_secret_token

RAILS_ENV=production /usr/local/bin/bundle exec rake db:migrate

/usr/local/bin/gem install rack -v=1.6.4

/usr/local/bin/gem install passenger --no-rdoc --no-ri

PassengerのApache用モジュールのインストール

/usr/local/bin/passenger-install-apache2-module

Passengerの設定を追加

vi /etc/httpd/conf.d/passenger.conf

#-- /usr/local/bin/passenger-install-apache2-module --snippet を実行し、表示される設定を使用。
LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/2.0.0/gems/passenger-5.1.2/buildout/apache2/mod_passenger.so
<IfModule mod_passenger.c>
  PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/2.0.0/gems/passenger-5.1.2
  PassengerDefaultRuby /usr/local/bin/ruby
</IfModule>

# Passengerが追加するHTTPヘッダを削除するための設定(任意)。
Header always unset "X-Powered-By"
Header always unset "X-Rack-Cache"
Header always unset "X-Content-Digest"
Header always unset "X-Runtime"

PassengerMaxPoolSize 20
PassengerMaxInstancesPerApp 4
PassengerPoolIdleTime 3600
PassengerHighPerformance on
PassengerStatThrottleRate 10
PassengerSpawnMethod smart
RailsAppSpawnerIdleTime 86400
PassengerMaxPreloaderIdleTime 0

※Redmineを配置したディレクトリ以下のファイルをApacheを実行するユーザー・グループで読み書きできるようにオーナーを変更

chown -R apache:apache /home/***/redmine

バーチャルホストでRedmineを実行

<VirtualHost *:80>
  ServerName ***.4-dev.net
  DocumentRoot /home/***/redmine/public
</VirtualHost>

※Subversion側でSSLを利用しており、自己証明書の場合にはあらかじめ証明書を受け入れておく必要がある。

Apacheユーザにsuする

# su -s /bin/bash - apache

ホームディレクトリの確認

-bash-4.1$ pwd
/var/www

自己証明書を受け入れる

-bash-4.1$ svn info 【SubversionリポジトリのURL】

⇒ 表示される質問に、“常に信頼する”を選択

Redmineを使い始めるための初期設定 — Redmine.JP :
http://redmine.jp/tech_note/first-step/admin/

Redmine配下のtmpディレクトリにrestart.txtという空のテキストファイルを置く

cd /home/***/redmine/tmp/

touch restart.txt

ブラウザでRedmineにアクセスする

Environment:

Redmine version                2.5.3.stable
Ruby version                   2.0.0-p648 (2015-12-16) [x86_64-linux]
Rails version                  3.2.19
Environment                    production
Database adapter               Mysql2

SCM:

Subversion                     1.6.11
Git                            1.7.1
Filesystem                     

Redmine plugins:

redmine_bitbucketgit_hook      0.0.1
コメントを入力:
H E U E F