vimの設定

$ vi .vimrc

" エンコード(文字化け対策)
set encoding=utf-8
set fileencoding=utf-8
set fileencodings=iso-2022-jp,euc-jp,sjis,utf-8
set fileformats=unix,dos,mac

" コードの色分け
syntax on
" 暗い背景
set background=dark
" カラースキーマ
colorscheme default
"colorscheme elflord
"colorscheme desert
" <Tab> が対応するスペースの数                                            
set tabstop=2
" vimが自動で生成するtabのスペースの数
set shiftwidth=2
" ファイル名を表示
set title
" 空白文字の可視化
"set list
" 可視化した空白文字の表示形式
set listchars=tab:»-,trail:-,eol:↲,extends:»,precedes:«,nbsp:%
" 改行時の自動インデント
set smartindent
" バックスペースを、空白、行末、行頭でも使えるようにする
set backspace=indent,eol,start
" カーソルの回り込みができるようになる
set whichwrap=b,s,[,],<,>
" 行末の1文字先までカーソルを移動できるように
set virtualedit=onemore
" 現在の行を強調表示
set cursorline
" 括弧入力時の対応する括弧を表示
set showmatch
" 貼り付けモードをデフォルトに
set paste

" 「貼り付け」を<F2>に設定
"map <F2> :set paste<Enter>
" 「空白をタブに変換」を<F3>に設定
map <F3> :set noexpandtab<Enter>:retab!<Enter>
" 「行番号表示」を<F4>に設定
map <F4> :set number<Enter>
" 「行番号非表示」を<F5>に設定
map <F5> :set nonumber<Enter>
" 「現在の縦行を強調表示」を<F6>に設定
map <F6> :set cursorcolumn<Enter>
" 「現在の縦行を強調表示解除」を<F7>に設定
map <F7> :set nocursorcolumn<Enter>
" 「空白文字の可視化」を<F8>に設定
map <F8> :set list<Enter>
" 「空白文字の可視化解除」を<F9>に設定
map <F9> :set nolist<Enter>

" 自動コメント挿入 off
augroup auto_comment_off
  autocmd!
  autocmd BufEnter * setlocal formatoptions-=r
  autocmd BufEnter * setlocal formatoptions-=o
augroup END
,
コメントを入力:
S R​ M D C